口を開けば不満ばかり言う人

そんな人はいつも頭の中が不満で渦巻いていると思われがちだが、そうではない。
そんな人は普段寡黙なはずだ。なるだけ話さないでおこう、と思っているとき、やむを得ず話さなければならないこととはどんなことか。それは褒め言葉ではないだろう。それは世間話でもないだろう。それは緊急に必要なことだろう。つまりは相手に注意して欲しいことになってしまう。つまりそれが苦情ばかり言う人なのだ。