香港の国家安全維持法

なぜこの時期に強行に中国共産党は香港の国家安全維持法を制定したのだろう。
いろんな考えがあると思う。
去年の香港での民主化デモが予想以上に大きくなり、指導部の責任を回避するために何かしなければならなかった。
新型コロナウイルスで欧米の強国が外国に対応している余裕がない時を見計らって実行した。
トランプ政権のアメリカとの経済対立が決定的になったのでアメリカの顔色を見る必要がなくなった。

私は別の見方があると思っている。
中国の経済成長率は1990年代初頭以降一貫して高かった。それに伴って貧富の差も広がったが全体として人々は豊かになっていった。 西側の生活水準に近づき、その思想も流入した。 中国の人たちは自分たちの自由が制限されていることを意識したが、経済が順調で豊かになっていくことが実感できたので、自由の制限に目をつぶることができた。
しかし今後今までのような経済成長は期待できないだろう。
そうなった時、今までのようには豊かになれないと気づいた人たちは、目をつぶってきた自由の制限を不満に思い始めるだろう。
そうなった時、隣に香港のような民主化運動をしている地域があれば、連帯して大きな力になる可能性がある。 そうなる前に香港の民主化運動を制圧しようとしたのだと思う。
つまりこの法律の制定は経済成長の鈍化を見越し、国民の不満が高まることを見越していると思う。