サザエさん症候群の乗り越え方

私が子供のとき、日曜日の午後六時半からサザエさんを放映していた。朝起きた時には、これから丸一日遊べるぞ、とワクワクしてたのに、サザエさんが始まる頃になると、楽しみにしていた休日がもう終わったしまう、とどんよりしたものだ。

話はサザエさんに限らない。時間をかけて一生懸命に作った料理、いただきます、と言って気が付いてみると、残りあとわずか。あれほど時間をかけて楽しみにして作った料理が、もう僅かしかない。なんとも虚しい気持ちに襲われる。

抽象化すれば、楽しみにしていたものが、気が付けばあと僅かになり、無駄に時間を使ってしまったような、虚しい気持になる。

別の言い方をすれば、ある目的のために、一生懸命に準備をした。いざ目的を楽しもうとしたら、すぐに終わったしまった。虚しい。

 

なぜこんな気持ちになるかといえば、目的は天国だが、準備は地獄だからだ。

目的の為にいろんなことを我慢して準備をしたのに、いざ目的を楽しもうとすると、刻一刻と時間が過ぎていき、時間の経過が気になって心から楽しめない。

さらに人生に広げて言えば、明日のために、今日を犠牲にすることだ。そして明日になれば、また同じことを思うのだ。明日のために、今日を犠牲にしなければ、と。つまり永遠に明日はやってこない。修行人生。

あしたのジョーは、あしたの為に、その1、と言ってパンチを出して練習していたが、上記の人生を生きたのだと思う。あすなろ物語

 

ではどうすれば修行人生から逃れられるのか。

答えは簡単である。準備を修行と考えずに、準備も楽しめばいいのだ。つまり準備も目的に組み込むのだ。具体的に言えば、目的は楽しいものに決まっているが、準備期間も、どんどん目的に近づいている、と喜んで楽しめばいいのだ。どんどんおいしい料理の出来上がりに近づいている、嬉しいな、と。

 

最終的には、準備も目的も関係なく、その瞬間瞬間を楽しく生きる、そう自覚することが、楽しい人生を生きる究極の方法だと思う。言ってみれば、準備期間が人生すべてに拡大されたのだ。では肝心の目的は。楽しく生きることである。

 

以上のことができれば人生は天国である。そしてそれはそれほど難しいことではないと思う。