季節は常に先行する 人は寒暖に悩まされ続ける

四季の変化は心を和ませる。春はウメ、夏はサルスベリ、これは最近のことだ。秋はヒガンバナ、冬はサザンカ

しかし夏に向かっては、常に暑さに悩まされ、冬に向かっては常に寒さに悩まされる。5月の五月晴れには既に汗ばんで夏を思い遣り、9月の雨の日には既に体をちぢこめて冬を思い遣る。

人はなぜ夏の盛りのずっと前から暑さに悩み、冬の盛りのずっと前から寒さに悩むのか。その理由を考えた。

 

1 体の慣れ 1月末ごろの小寒の時季になると、それまで続いていた気温の低下も終わり、気温は低位安定する。すると体がその気温に慣れてきて、以前ほどの寒さを感じなくなる。つまり気温が下がっていく時期は、その気温に体が慣れる前に気温が下がってしまうので、より寒さを感じてしまうのだ。夏に向かっても同じことが起こる。

 

2 服装の遅れ ある時点で着ている服装は昨日までの気温に合ったものだ。だから例えば気温下降局面では服装は常に後れを取ることになる。季節の変わり目に通りを眺めていると、オーバーを羽織ってる人がいるかと思えば、半袖で歩いてる人がいることにもなる。服装に限らず、寝具でも同じことが起こる。当然、気温上昇局面でも同じことが起こる。

 

3 三寒四温 冬から夏に向かって気温は同じ割合で上がっていない。ことわざに頼れば、3日寒い日があって、4日暖かい日がある。春に3日寒い日があるのは昨日までの気温と同じである。暖かい日が4日あったときに人は気温の変化を感じる。気温は波を描きながら上昇していく。上昇局面では、上の波の時に気温の変化を感じるのだ。5月に暑さを感じるのはそういう時だ。

 

以上3つの理由で、季節は人を先行してしまうのだと思う。いつまでたっても人は季節に追いつけない。別の見方をすれば、季節は、遅れがちな人を導き続けてくれているのだと思う。