コーヒーの淹れ方

先月2月に体調を崩して以降、回復後もコーヒーを飲まなくなった。
今までの試行錯誤の結果をここに書き記しておきたい。

私が好きなコーヒーの味はフレッシュな酸味やフルーティーな香りではなく、コクと苦味が利いた深い味である。以下はその味を得るための抽出方法だ。

ミルは標準か少し細めが良い。 少し細く挽いたほうがコクが出る。

湯温は82℃から85℃の間が良い。上手く焙煎された豆なら82℃のほうが複雑な味がする。じょうろ型の先の長いポットは2度ほど湯温が下がるので、それを見越して温度を調整する必要がある。
90°Cで注湯するという専門家がいるが私は全く信じない。

垂らし始めから測る蒸らし時間は60秒。 短いと苦味が強くなる。

抽出時間は1分から2分の間。 ベストな時間は焙煎豆によってばらつきがある。 短時間だと苦味が強く、長時間だとコクが出てくるが、嫌味も増える。

20年以上にわたって毎朝統計を取り続けてきたが、結局分かったことは上記のことでしかなかった。
昨日と全く同じように入れたつもりでも、全く味の違うコーヒーが入り、コーヒー豆からは挑戦され、翻弄され続けた。