遺伝子と個体 1補足

バッファゾーンで気になる個体に遭遇した時はどうすればいいのだろう。
ほっておけば明らかに死んでしまう。 可哀想で仕方がない。

私の住んでるアパートの通路部分の夜灯にコクワガタが飛来することがある。 夜が明けると直射日光が差し込んでセメントの温度をぐんぐん上げる。 電灯の下には昆虫の死骸が散らばっている。 私は我慢できず持ち帰った。 そこにはコガネムシカメムシやガがいたにも関わらずあえてコクワガタだけを助けようとした。
この後、私ができることは安全と思われる場所に逃がしてやるか、責任を持って最後まで飼うことしかないと思う。

自然の原理に選択的に人の原理を適用するのなら、その部分は最後まで人の原理を適用するしかないと思う。